【六郷満山 文殊仙寺】学業・知恵を授かるご本尊の地。諸願成就の参拝にどうぞ!(紅葉名所有)
スポンサーリンク

「三人寄れば文殊の知恵」と言いますが、いつになれば知恵がつくのでしょう?すなめりです!

今回は国東半島六郷満山のお寺の一つ「天台宗 峨眉山 文殊仙寺」に訪れました!

天台宗 峨眉山 文殊仙寺について

住所:大分県国東市国東町大恩寺2432

電話番号:0978-74-0820

祈願:護摩祈祷・合格祈願・厄除祈願・商売繁盛・成長祈願・良縁成就・企業/団体祈願・水子供養・諸祈願(受付時間9:00~15:00)

参拝時間:9:00~16:30

定休日:無休

駐車場:普通車50台 大型バス10台

ご本尊は「文珠師利菩薩」で、「三人よれば文殊の知恵」と言われるように知恵・学業の神様として有名です。

受験や学業に勤しむ学生の皆様や、資格試験に臨む方の祈願の場として信仰の深いお寺さんとなります。

参拝時間は9時~16時半までとなります。

/頑張って登っていくよ~・・・ゼェゼェ\

お寺内には約300段の石段があります。

/ここが山門だね~、近くにおトイレがあるんだって!\

/スマホで文殊仙寺の案内が聴けるんだって~ガイドが居なくても詳しい話が聴けるよ!\

便利な機能が増えてきました。

/あそこが本殿だね!切り立った崖の中にある立派な佇まい✨\

/まずは参拝していくよ~!絵馬がたくさん掲げられてて色んな人がお参りしたんだね~\

学業の神を祀る文殊仙寺なので、学と知恵を求める多くの人が参られているようです。

/立派な知恵が付きますように!パンパン\

すなちゃんは祈る前にもっと勉強しなさい。

文殊仙寺は歴史深く1538年の建立です。

この日は多くの参拝者がいらっしゃった様で授与所の撮影は出来ませんでしたが

御朱印、お守り、学業成就の鉛筆等の授かり物をがありました。

/本殿の他にも色々と見れるらしいから、もう少し登っていくよ!\

文殊仙寺の自然

文殊仙寺は国立公園内で境内自然林は天然記念物に指定し、日本の自然を二十一世紀に残したいと日本文化協会は日本百選の一つに選定し一木一草大切に自然保護に皆様の御理解と御協力を願うものなり。

日本文化協会 昭和五十八年一月指定

/木の根っこがむき出しになってもなお生きる。自然の雄大さを感じるね\

多くの木々が生い茂る自然の中にある文殊仙寺。一木一草大切に育てられてきました。

秘仏 本尊 文殊師利菩薩
文殊師利菩薩について
卯年の守り本尊にちなみ十二年に一度卯年の春・秋大祭において御開帳をいたしております。
「三人寄れば文殊の知恵」のことわざにあるように智恵第一の仏として学問はもちろん人生を生き抜く知恵をお授けする非常に縁起のいい大吉祥菩薩として古来より信仰されております。
毎月二十五日は文殊菩薩縁日護摩が十一時より修法され、ご奉納された護摩木が「不滅の法燈」により祈願されます。

12年に1回の大祭が気になりますね~!

その他にも毎月25日11時に縁日護摩祈願が行われているようなので、都合の良い方はぜひ参拝されると良いと思います!

/この辺に文殊菩薩様がいるのかな~なむなむ\

知恵を付けようと必死なすなちゃん。勉強しようね。

不滅の法燈
不滅の法燈について
文殊仙寺の奥之院では、比叡山延歴寺で1200年絶やさず灯され続けてきた
「不滅の法燈」が今も、大切に灯し続けられています。
日本天台宗を開いた伝教大師最燈様は若いころ比叡山にこもって修行し、
788年に「一乗止観院」というお堂を創建されました。
そのとき自ら刻んだ薬師如来像を安置され、仏の教えが永遠に伝わるようにと灯明を供え、
「明らけく 後の仏の御世までも 光つたへよ 法のともしび」とお詠みになりました。
一乗止観院は延歴寺の総本堂として「根本中堂」と呼ばれるようになり、現在に至っています。
最盛期には何千もの寺院が並んだ比叡山ですが、長い歴史の中で何度も苦難に見舞われました。
危機の度に灯火は僧侶らの手によって守られ、分灯で受け継がれ、
今も根本中堂にある三つの灯籠の中で「不滅の法燈」として光を放っています。
不断の努力で灯を守ることは、法華経の教えを表す光が世の中を照らし続けるようにという
伝教大師最澄様の教えを長く後世に伝えることを意味します。
文殊仙寺では六郷満山開山千三百年祭に際し、比叡山より特使をお迎えし、
大勢の檀使徒さまに見守られながら不滅の法燈の分灯をお受けしました。
恒久的に不滅の法燈をお守りするのは六郷満山では初めてのことです。
「油断」という言葉の由来にあるように、毎日まさに油断のないように心がけて菜種油を注ぎ足し、
寺宝として護持いたしております。

油断するとは心の油が断ってしまい火が消えてしまう事。すなめりも日々油断せず心の灯火を絶えず灯す為に油を注いでいきたいものです。

1200年もの間絶えず燃え続ける不滅の法燈を、ぜひ実際にご覧ください!!

/仏教を護り伝える16人の羅漢だって!一人一人にちゃんと名前があるんだよ!\

十六羅漢について
十六羅漢について
釈迦の命により、この世に長くいて正法を守り、衆生(しゅじょう)を導く16人の大阿羅漢。
賓度羅跋羅堕闍(ひんどらばらだじゃ)・迦諾迦伐蹉(かなかばしゃ)・迦諾迦跋釐堕闍(かなかばりだしゃ)・蘇頻陀(そびんだ)・諾矩羅(なくら)・跋陀羅(ばだら)・迦理迦(かりか)・伐闍羅弗多羅(ばじゃらふつたら)・戍博迦(じゅはか)・半托迦(はんだか)・羅怙羅(らこら)・那伽犀那(なかさいな)・因掲陀(いんかだ)・伐那婆斯(ばなばし)・阿氏多(あした)・注荼半吒迦(ちゅうだはんだか)。

六郷満山の信仰に「元三大師」というものがあります。昨今の疫病に通ずるものがありますので、内容は長く難しいですがぜひご覧ください↓

元三大師 信仰
元三大師・角大師の云われ

・元三大師の云われ
比叡山延暦寺第十八第天台座主慈恵大憎正良源は疫病・飢餓の際に不眠不休で修法し魔を沈め、
御鏡に現れた姿が鬼の形をしていたところから
魔除け・厄除けの御大師様として信仰されてまいりました。
御命日(1月3日)にちなみ「元三大師」と呼ばれ今日まで親しまれております。
慈恵大師良源の死後六百年以上の後、
徳川家康の側近だった天海大憎正は元大大師(良源)を大変尊敬しており、ある日17日間の所願を立てて祈ったところ、満願の日の夢に元大大師が現れ
「戸隠神社の社殿に観音の百戔を隠しておいたので、これを取り出して吉凶を占えば、
その願いに応じて禍福を知らせよう。」と述べたといい、
夢のお告げの通り戸隠神社の社殿を探ると、百枚の戔が出てきました。
天海大憎正は喜んでその戔に注釈をつけ、大師を祀る全ての所に配られ、今日まで当山に伝えられています。

・角大師の云われ
世間に疫病が流行っていると知った慈恵大師良源は、疫病から人々を救うため
自ら疫病神を追い払う恐ろしい鬼の姿になり、その姿を弟子のひとりに描き写させました。
弟子たちはその絵を版木に彫り、お札に刷って配り、人々がそのお札を戸口に貼り付けたところ、
その家の者たちは一人も疫病にかからなかったといわれています。
それ以来、人々は毎年このお札を新しいものを求めては戸口に貼るようになり、
今でも「角大師」と呼ばれるそのお札を求める人が後を絶ちません

/ご立派な鐘楼門があるね~お参りを済ませたらここで鐘を突いて良いそうだよ!\

鐘楼門(しょうろうもん)と読みます。

境内には客殿(妙徳庵(みょうとくあん))があり、宿坊体験が行われています。

インターネット予約で宿坊体験の宿泊が予約できるようです。ご確認ください。

宿坊(しゅくぼう)とは

宿坊(しゅくぼう)とは、お寺や神社の宿泊施設を指します。元々は、僧侶や参拝者が泊まるための施設でした。現在は一般の観光客の受け入れが増加し、宿泊施設としてのサービスも充実しています。歴史ある建築や美しい庭園を楽しみ、伝統の精進料理をはじめ、座禅、写経、読経、といった貴重な修行体験が出来る点も「宿坊」の魅力。静かな環境の中、日常から離れ心安らぐ時間を過ごせると人気を集めています。

/客殿でお参りしたり一休み出来るんだって!\

/客殿から眺める自然も素敵だね~!紅葉シーズンはここから紅葉を眺められるよ!\

/素敵な紅葉✨歴史巡りと紅葉巡りをセットにする人にはオススメだよ!\

学業の神、深い歴史、仏教の教え、不滅の法燈、疫病を追い払う鬼、そして紅葉

魅力たくさんの文殊仙寺にぜひ参拝してみてくださいね✨

<strong>天台宗 峨眉山 文殊仙寺について</strong>

住所:大分県国東市国東町大恩寺2432

電話番号:0978-74-0820

祈願:護摩祈祷・合格祈願・厄除祈願・商売繁盛・成長祈願・良縁成就・企業/団体祈願・水子供養・諸祈願(受付時間9:00~15:00)

参拝時間:9:00~16:30

定休日:無休

駐車場:普通車50台 大型バス10台

この記事が参考になった・面白かった!時はグッドボタンをお願いします👌
※別タブが開きます。

にほんブログ村 旅行ブログへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
すなめり観光 湯~源会社と地元のお店が協力!大分県のお店で使えるクーポンを2月1日からテスト運用中です☆
ぜひ多くの方が利用してもらえるサービスになり、今後も利用可能店舗を拡大していきます!
詳しくはクーポンページをご覧ください👇
スポンサーリンク

すなめり観光を
応援してね!

皆様の声がすなめり観光を支えます。

Twitterでも感想コメントを聞かせてね✨

おすすめの記事